ルトサはポテトに情熱を持っています。理想的な土地、数々のノウハウ、舌の肥えた国民、これら全てがそろって初めて、ベルギー料理の中でも価値ある一品を作ることができるのです。ベルギーでは「フライドポテトがある」と言うと「元気がある」という意味ですが、それは単なる偶然ではありません。

使命 ベルギーと言えばフライドポテト 組織
2

ベルギー人に天気の話をすると、雨のことで不満を漏らします。しかし、ジャガイモ農家の人たちは、ベルギーは理想的な気候だと言うに違いありません。雨の多い穏やかな気候が、砂泥質の土壌を豊かにするのです。この理想的な環境のもと、当社では、農家やサプライチェーンの一環となっている数々のパートナーとの間に理想的な関係を築いています。

3

新鮮な原材料の入手から流通工程の完了まで、常に目を行き届かせています。空調設備を完備した原材料保管施設から、製造工場を通って完成品の保管庫まではわずか数十メートルで、行き届いた物流管理によって包装した製品をお客様の食卓にお届けします。工程の最初から最後まで、最新のツールを使用しています。

ルトサの製品は世界125カ国以上で販売されており、当社では現地企業との提携を重視する販売ポリシーを持っています。当社では市場を熟知している現地企業の方が販売に向いているという考えに立ち、ベルギーの本社には、高いチーム意識を持つ各分野の専門スタッフをそろえています。