植付けから収穫まで、常に細心の注意を怠りません。

 

7月に収穫する早生のジャガイモ、10月に収穫の保存用のジャガイモ、いずれも自然や気候の影響を受ける生きた素材です。また需要と供給の法則に従い、その購入価格は季節ごとに、時には月ごとに大きく変動します。この様な状況に対応する為、当社では植付け、栽培、収穫、保存を厳しく管理し、工場には当社専用の保存用サイロを完備しています。最良のジャガイモを選び、最良の状態で保存する、それが当社の強みです。

 

原材料の保存
  • 室温は最高8°Cに保たれます。
  • コンピューターで湿度を完全に管理し、必要に応じて外部シャッターを開けたり、ファンを回したり、床下の通気溝から冷気を吹きかけたりします。

 

       品種についての詳細

Création SIP